派遣運転手を採用する方法は?採用方法で異なるメリットデメリット


自社採用によるメリットとデメリット

役員が乗る社用車の運転手を雇う基本的な方法の一つが自社採用です。自社採用とは文字通り会社で求人募集を出して応募者の中から選定をする方法になります。自社採用は面接を通して応募者の人となりを直接確かめられるのが強みです。派遣などの外部業者に委託をする場合、会社側の希望と業者の認識にズレが生じるケースもあります。自分達で面接をすれば企業理念に適した人材かをその場で判断できるので安心です。自社のホームページで求人募集を行えば宣伝に掛かるコストも削減できます。ただし、自社採用は外部委託に比べて採用までに時間が掛かりがちです。すぐにでも人手が必要といった場合にデメリットになることもあります。

派遣会社を利用した採用の利点と注意点

突然の辞職ですぐにでも役員専属ドライバーを採用しなければいけないといった場合に、有効となる手段が派遣会社の利用です。ドライバーとして求める技能、人柄などの要望を伝えて依頼を受けた派遣会社が条件を満たした人材を出向させるという仕組みになります。派遣を利用する大きなメリットはコストの削減です。自社で正社員として採用する場合、仕事の有無に関係なく給料を支払わなくてはいけません。派遣は利用したい時だけ依頼をするという形も取ることができます。派遣会社の多くは即日対応となっているので病気など急な欠勤で人手が足りなくなった時でも安心です。ただし、曜日や時間によって金額にバラつきがあるため、タイミングによっては割高の出費になることもあります。

運転手の派遣は、未経験者でも応募可能な求人があります。具体的には、運転代行や役員の専属ドライバーです。