色々な種類があるタイムレコーダー!どれを選べば良い?


低コストかつシンプルなオーソドックスタイプ

数あるタイムレコーダーの中で最もシンプルなのは、打刻のみを行うオーソドックスなタイプです。カードを挿入することで、時間が勤怠としてカードに印字される形です。あくまでもアナログな機械なので、勤怠情報は手動で取り扱わなければなりません。そのため、働く人数が多い場所には適していないでしょう。けれど、比較的規模が小さいのであれば、そのオーソドックスなタイプでこと足りるかもしれません。何より機械の価格自体が安いのが大きなメリットで、導入するために複雑な作業が必要ありません。

データが集計できるタイプで効率的に管理

タイムレコーダーには、勤怠情報の集計ができるものもあります。それを選べば、わざわざ人が計算する必要がありません。タイムレコーダー内で集計する場合はあくまでもシンプルな計算しかできませんが、それでも効率的な管理ができるでしょう。もし、より複雑なデータ管理をしたいのであれば、クラウドでパソコンに接続できるものが適しています。勤怠情報をデータとしてパソコンに送れば、パソコン側に内蔵してあるソフトを使って色々な形で管理や集計ができます。そのまま給与計算をしたり、社内独自のルールで管理したりすることも難しくはないでしょう。

勤怠記録の方法も確認

タイムレコーダーには、記録をする際の方法も色々あります。印字するタイプであればカードを使用するのが基本ですが、クラウドタイプであればICカードや指紋認証を導入することも可能です。ただの印字カードだと誰でも使用できてしまいますが、ICカードや指紋認証は基本的に本人しか認証できません。したがって、セキュリティをしっかりさせたい場合に適しています。

タイムレコーダーは故障や不具合を発生させないためにも定期的な点検が大切です。特に印字に影響を及ぼすインクの状況については徹底的に点検をする必要があります。