自営業ってまずどうやって始めればいいの?自営業の始め方


営業するのに必要なスキルを学ぼう!

自営業は頑張って働けば普通に会社の中で働くよりもお金を稼ぐことができ、勤務時間も自分で決めることができるため、人気が一定数ある働き方です。しかし、どのように自営業を始めればいいのか分からないという方もいます。自営業を始める際に、まず確認しておくことは自分が行いたい自営業でどのようなスキルが必要か確認することです。例えば飲食店であれば、料理の技術や接客方法について学ぶ必要があります。これらの技術を簡単に学ぶには、自分が行いたい自営業と同じ業種のお店でアルバイトや修業を行うのがおすすめです。なぜなら、実際に働くことで得ることができる生きた技術やノウハウを学ぶことができるからです。

開業申請を行い、自営業を始めよう

さて、自営業を行うのに必要な技術を学ぶことができ、開業するための資金もある程度用意できたとします。これで明日から即自営業を行えるわけではありません。自営業を行う時に必ず役所に書類提出をする必要があるからです。開業に必要な書類はまず初めに個人事業の開廃業等届出書です。いわゆる開業届と呼ばれるもので税務署に開業してから1か月以内に提出する必要があります。次に必要なのが青色申告承認申請書という確定申告を行うための書類でこれは青色申告で確定申告を行いたい場合のみに必要です。この書類は開業してから2か月以内に提出する必要があります。
最後に提出する書類は都道府県税事務所と市区町村役場に提出する個人事業開始申告書です。こちらは開業届を出してから1か月以内に申請する必要があります。

フランチャイズに加盟すれば様々なマニュアルのもとで仕事ができるため、失敗を繰り返しながら成長するのではなく、短期間のうちに成功したい人に向いています。