色々なメリットがある太陽光発電、環境問題のため、節電のため普及が進んでいます


環境問題の解決に期待される太陽光発電

「気候変動」は地球規模の課題であり、先進各国が一丸となって取り組むべき環境問題です。二酸化炭素の排出量が問題視されており、地球温暖化の原因だと指摘されています。欧米諸国と日本の国は前向きに自然エネルギーの活用を推進しています。日本の国では特に太陽光発電が人気です。設置する事で、家庭や企業の光熱費が削減できるのがメリットです。自家発電で得た電気はそのまま家庭やオフィスなどで利用可能です。太陽光発電は、実質的に無限のエネルギーである日光をもとにして電気を作り出すので、ランニングコストは非常に安価であり、パネル自体もシンプルな構造なためお手入れの手間やコストが少なめです。使用し切れず余った電力は地元の電力会社へ売る事もでき、毎月大量の余剰電力が生まれれば、安定した副収入となります。

数ある自然エネルギーの中でも特に普及が進んでいます

自然エネルギーには地熱発電や水力発電、風力発電などがありますが、最も普及が進んでいるのが太陽光発電です。地熱や水力の欠点はそもそも発電所を建設するのに大規模な土地開発が要ります。環境保護のため、森林や野山を切り開いてクリーンエネルギーの発電所を建設する、これではまさしく本末転倒です。風力発電もまた魅力的な発電方法ですが、文字通り風の気分次第で日々の発電量が決定されます。加えて巨大な風車のような構造をしているため、いざ稼働すると風力発電所の周辺住民はけたたましい騒音に悩まされます。

翻って太陽光発電は二酸化炭素の排出もなく、森林を伐採する必要性もなく、騒音の発生もありません。ソーラーパネルが設置できる、僅かなスペースがあればそこが発電所となりますので、導入に掛かるコストも最小限で済みます。

太陽光発電の価格は、2011年は1キロワットにあたり46.8万円でしたが、2018年には海外メーカーの進出があり、23万円程度まで下がっています。